« 2004年2月 | トップページ | 2004年6月 »

2004.05.15

三角縁神獣鏡、一部は中国製?

MSN-Mainichiに掲載されていた記事から。
邪馬台国論争の一つの題材である三角縁神獣鏡の組成分析を行った結果、魏・晋時代期の中国製の鏡としていることが分かったそうです。兵庫県のSPring−8で分析された結果とのこと。
三角縁神獣鏡は、魏書烏丸鮮卑東夷伝で、魏の明帝が卑弥呼に与えた鏡ではないか、と推測されている鏡です。多量に日本から出土する割には、中国では出てきません。神獣鏡は出土するのですが、その縁の形状が独特なのです。基本的に近畿から瀬戸内海沿岸に出土例が多いため、中国製ということが組成上判断できれば、畿内説の指示にまわることになるでしょう。
播磨学研都市のSPring−8、最近地味でしたが、これで注目をあびればいいのではないかとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年6月 »