« 楽天に決まってしまった… | トップページ | プラナリア »

2004.11.03

魔人ドラキュラDracula

半魚人と一緒に買っていた魔人ドラキュラDraculaをようやく見終わりました。ドラキュラ物の映画では先駆けのはずです。
始まりは馬車に乗る一人の男がドラキュラ城へ向かうところから始まります。原作に忠実な始まり方なので、この男がジョナサン・ハーカーかと思っていたら…レンフィールド?セワード医師のもとで治療中のレンフィールド?あれ?
結局レンフィールドの境遇は原作通りに落とし込まれますが、ドラキュラ伯爵はすぐにイギリス上陸を果たしてしまいますので、そこに至るまでのドラキュラ城の奇妙な生活の描写がほとんど無いままです(はっきり言って一晩で終わり)。

次に、ミナの友人、ルーシーが襲われるのは原作の順番にはあっているのですが…そこで繰り返される輸血行為(どう考えても原作の輸血はおかしいですけど)が無い為、原因不明の失血の不気味さがそれ程なく話が進んでしまいます。
また、吸血鬼と化したルーシーを退治することも無い為(吸血鬼化はするのに)、吸血鬼の退治方法が分からないので、ドラキュラ退治までの展開が…弱い。レンフィールドによる恐怖の煽りしか頼る物がないのです。
なにより残念なのがミナ・ハーカー。原作では非常に聡明な崇拝されるべき女性と感じられるのに、この映画では単なる1被害者のようで、彼女の意思の強さなど感じることができないのです。
ドラキュラとの決着もかなり簡単に終わってしまい、「これで終わり?」という感じでした。
ドラキュラは非常に雰囲気が出ているだけに残念です。吸血の為の傷跡なども出てこないのも少し寂しいところでしょうか。

英語:モノラル
字幕:英語、日本語、韓国語、中国語(3言語)、タイ語、インドネシア語
片面2層
75分

魔人ドラキュラ
トッド・ブラウニング カール・レムリJr.

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2004-08-25
売り上げランキング 11,616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 楽天に決まってしまった… | トップページ | プラナリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5980/1854751

この記事へのトラックバック一覧です: 魔人ドラキュラDracula:

« 楽天に決まってしまった… | トップページ | プラナリア »