« サラトマ… | トップページ | ドラえもん交代 »

2004.11.21

脈あり?

MYCOM PC WEBの1コーナーに、酒井冬雪女史のコラム、理系のための恋愛論があります。どうしても読んでしまう記事の一つでして、毎週チェックしてしまったりしています(理系ですから)。
その『第139回「脈あり」サインにちょっと待って』、ここをよく読み返してしまいます。何しろ「勘違い」を男はしやすい物ですから、こういうもので反芻しておかないと、危なくて危なくて。

ここで、男性の多くが挙げる「彼女が自分に好感触を抱いていると思う根拠」を挙げてみることにします。

そう、この根拠に対する反論をしっかり認識しておかないと危ないんですよ。下手すると、妄想へ走ります。

目があったらニコッと笑顔を見せた。
エレベーターでいっしょになったらアイサツしてくれた。
ろう下でバッタリあったら、ちょっとした会話に付き合ってくれた。
この辺は、仕事でそれなりに用事がある相手だったら当然かな。
何人かのメンバーでいっしょにランチを食べに行くとき、彼女も誘ったらOKした。
これは無いなぁ…。
自分に敬語を使ってくれている。
敬語を使ってこない、って言う方が親しいんじゃないのかなぁ…。
何度か話したことがある。
話す機会があるならいいんだけど。
飲み会で隣りの席になったが、イヤな顔はしていなかった。
会社(学校)から駅まで、いっしょに帰ったことが何度かある。
オレの話によく笑ってくれる。
よく気を利かせて、自分に細かいフォローをしてくれる。
こういうことは無いのでなんとも言えません。
「だから、彼女もけっこう自分に気があるんじゃないかと思う」 と、確信に満ちた顔でいう男性は、実際に私の周りにもたくさんいます。
ついでに、周りの男性も勘違いするので、更に勘違いを助長するんですね。 ここに書いている点は、女史が後でしっかり注意してくださってますが、しごく普通のことですね。
目が合ったら、こちらからではなく、向こうからイソイソとやってきてうれしそうな顔で話をしてきた。
たいした用もないのに、そういえば彼女からコマメに律儀にメールをくれる。
ふたりでランチに行こうと誘ったら、よろこんでいっしょに来てくれた。
「自分の誕生日は今月」と話をふったら、「何日ですか?」と聞いてきて、プレゼントをくれた。
飲み会で、席が離れていたのに、しばらくすると彼女から隣りに来てくれた。
エレベーターでふたりきりになっても、緊張して無言になったりせず、やわらかい態度で話しかけてきた。
こういうのは全然ないなぁ…。 勘違いしてしまいそうなのは…。
  • 特に話したことはないのに名前を覚えてくれている
とか、
  • それほど回数をしゃべっていないのに声を覚えてくれている
とか、が危ないですね。隣の人が覚えられていないのであれば、尚更勘違いしてしまいます。 …勘違いでなければ、断然良いのですが、ね。

|

« サラトマ… | トップページ | ドラえもん交代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5980/2022873

この記事へのトラックバック一覧です: 脈あり?:

« サラトマ… | トップページ | ドラえもん交代 »