« ペンギンが出るゲーム | トップページ | ちょっと変わったカートリッジ式ゲーム機 »

2004.11.10

紅白と受信料

2004年の紅白の司会が決まったそうです。ここしばらく自局のアナウンサーが続いていますね。
これに関してasahi.comの記事を引用してみます。

「NHKがピンチと言われている時だから、私たちは一回一回の番組をつくりながら視聴者の方に喜んでいただき、『ああ受信料を払おう』と思っていただきたい。その最たるものが紅白」

不思議と、他の新聞サイトではこのコメントが載っていないのですが…。
NHKの受信料は法律で義務付けられてしまっているそうですが(罰則は無し)、最近不祥事絡みで受信料不払いが増えているとの報道がされています。これを受けてのコメントなのだと思うのですが…。
逆に言えば、「受信料払っているんだからいい番組作ってください」っていう感情もあるんですけど。

受信料を払うのに抵抗があるのは、不公平感があるのではないかな、と思います。払っていない人がいる、というのはよく聞かれる事です(今回の不祥事のせい、というのは全く別問題です)。払っている人は、なんだか釈然としません。
もう一つは、もちろん民放です。無料で視聴できます。CMは入ってしまいますけど。BSデジタルでもNHKは有料ですが、民放のものはお金を取られません。

「放送はただで見るもの」という感覚がどうしてもあるのです。ユーザとの意識の乖離かもしれません。
「ただで」、と書くと「生で」という放送界の人のコメントが思い出されました。ITmediaに掲載されていました。

「放送は生で見るものです。アサクラさん」

ビデオやDVDレコーダが売れるのは、生で視ることが難しくなっているということとは思わないのでしょうか。
この記事は、デジタル放送のコピーワンスの問題でした。デジタル放送は映像が綺麗ですが、録画した後の編集・保存がとても不便になっています。DVDレコーダではムーブに対応していないと駄目だとか、パソコンで録画するとそのマシンでしか再生できないとか、とてもとても不便です。ユーザにチューナーを購入させるという負担をさせておいて、ますます不便にさせています。
デジタルチューナを導入しても、視たい番組をやっている時間に帰ってくることができないことがほとんどです。そうすると、折角デジタルで綺麗な画像で視ることのできる環境を揃えていても、DVDレコーダに録画すれば、一部の機種を除いて録画時点で既に画質が劣化しています。なんだか釈然としません。劣化したものを録画しているのに、多数のコピーができないのは我慢するにしても、編集に不便なのはまた釈然としません。

コピーワンス信号を無しにしてくれるなら、「ああ受信料を払おう」と思ってしまうかもしれません。
といっても、払っても無しにしてくれないし…。民放は受信料関係ないし…。

書き終わってみると、ほとんど紅白は関係なくなっていました。

|

« ペンギンが出るゲーム | トップページ | ちょっと変わったカートリッジ式ゲーム機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5980/1925773

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白と受信料:

» 紅白歌合戦マニア [タクシーマニア taximaniac 的士熱狂男]
紅組司会は初の小野アナ 今年の紅白歌合戦 司会とか興味ない。 と、思うよー。 でもそろそろそんな季節なんだな。 と、思うよー。 そ... [続きを読む]

受信: 2004.11.10 11:44 午後

« ペンギンが出るゲーム | トップページ | ちょっと変わったカートリッジ式ゲーム機 »