« 紅白と韓流のコラボは効果があるの? | トップページ | サラトマ… »

2004.11.20

ローマは一日にして成らず

NHKスペシャルは、興味がある題材を取り上げてくれた場合は受信料を払ってもいいと思える番組の一つであるわけですが、3週連続でローマ帝国を取り上げるようです。
最近古代ローマ関連の書籍等が身近になっていますし、タイムリーな企画かもしれません。民放でも今年ポンペイについて2時間番組がありましたしね。
特集は、「ローマ帝国」なわけですから、アウグストゥス以降の話になります。帝国に至るまでにも長い歴史がありますが、それまでの事柄については簡単にしか触れられないのでしょう。
アウグストゥス以前について比較的簡単に知る為に、読んだり観たものを列記してみます。

書籍
今なら文庫で出ている「ローマ人の物語」が詳しいし、面白いですね。元々分厚いハードカバーで出ているものですが、文庫になったことで手軽に読むことが出来るようになりました。
ローマ人の物語 (1) ―ローマは一日にして成らず(上):新潮文庫
ローマ人の物語 (2) ―ローマは一日にして成らず(下):新潮文庫
ローマ人の物語 (3) ―ハンニバル戦記(上):新潮文庫
ローマ人の物語 (4) ―ハンニバル戦記(中):新潮文庫
ローマ人の物語 (5) ―ハンニバル戦記(下):新潮文庫
ローマ人の物語 (6) ―勝者の混迷(上):新潮文庫
ローマ人の物語 (7) ―勝者の混迷(下):新潮文庫
ローマ人の物語 (8) ―ユリウス・カエサル ルビコン以前(上):新潮文庫
ローマ人の物語 (9) ―ユリウス・カエサル ルビコン以前(中):新潮文庫
ローマ人の物語 (10) ―ユリウス・カエサル ルビコン以前(下):新潮文庫
ローマ人の物語〈11〉―ユリウス・カエサル ルビコン以後(上):新潮文庫
ローマ人の物語〈12〉―ユリウス・カエサル ルビコン以後(中):新潮文庫
ローマ人の物語〈13〉―ユリウス・カエサル ルビコン以後(下):新潮文庫
個人的には、ハンニバル戦記とユリウス・カエサル ルビコン以前が気に入っています。希代の戦術家ハンニバルのローマとの戦い、ユリウス・カエサルという血臭を感じさせない英雄、やはり名前をよく知られている人物の方が興味を抱きやすいと思われます(ハンニバルは映画のタイトルのせいもあるかもしれませんけど…)。カエサルの人としての魅力、これは簡単に持てるような類の代物ではないと感じます。兵士にとっての「よきオヤジ」という印象です。頭が薄いというエピソードもそれに拍車をかけますね(月桂冠を常につけていいということを喜んだ、というエピソードも笑いを誘います)。ルビコン以後の方は、カエサル死後の話も続きます。オクタヴィアヌス(アウグストゥス)は人間的魅力ではとてもユリウス・カエサルにはかないませんが、若くして非常に思慮深い政治家であることも、ここまでで分かります。

DVD
近々公開の映画に「アレキサンダー」があるようですが、こちらも帝国以前のお話なので早めに観たい所です。といっても、ローマはほとんど関わりありませんが、以降目標とされる人物の話ですから。
トロイ 特別版 〈2枚組〉TROY
これはローマに直接的に関係している話にはなりません。しかし、最後にアイネアネスの名前が出ます。ローマ建国の祖と伝説になる人物です。トロイの民→ローマへ、という伝説となります。映画を観にいきましたが、長期に渡ったとされるトロイ戦争がわずかな時間で終わったかに見える展開が残念でなりません。
スパルタカス スペシャル・エディション
剣闘士スパルタカスの反乱を描いたスペクタクル映画です。ローマ人の物語ではあまり取り上げられていませんが(もちろん記載はあります。ドラマチックではないですが)、非常にドラマチックに反乱開始から終結まで描かれています。敵将は三頭政治の一人クラッスス。
クレオパトラ プレミアム・エディション
一般的に映画の評判、余りよろしく無いようですが(結構好きですけど)、丁度ルビコン以後に収録されている話です。クレオパトラってある意味憧れですけど、微妙な女王ですね。聡明なのか、暗愚なのか…国を滅ぼしたという意味では駄目なんですけど、才女と称されますからね。とりあえずは、あのような髪型は余りしていなかった、ということがローマ人の物語に書いてあります。

やはり、カエサル周辺の頃が題材として魅力があるようですね。他にもあるのですが、読んでも観てもいないので。
他にもローマ関連はたくさんあるので、色々読んでみたいと思います。
古代ローマは世界史の基礎のようなものです。昔、このような本があれば、もっと興味深く世界史を学べたろうに…。

|

« 紅白と韓流のコラボは効果があるの? | トップページ | サラトマ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5980/2012980

この記事へのトラックバック一覧です: ローマは一日にして成らず:

« 紅白と韓流のコラボは効果があるの? | トップページ | サラトマ… »