« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.30

ドラえもん?

「ドラえもん」そっくり? 米連邦通信委のHPに

という記事がありました。ここにはそのキャラも載っています。
The FCC Kids Zone Home Page
子供用の、通信関係のサイトのようですね。日本で言えば、総務省といったところでしょう。

そこにいる黄色いキャラクタ。
彼の名はブロードバンド。

彼は、手足がだんごのように白く(じゃんけんが出来ない)、ドラえもん絵描き歌で大半書ききれるという、まるで22世紀に作られた量産型ドラえもんの一つのようです。
ただし、四次元ポケットはないので廉価版なのでしょうか。

といっても体型的には初期の頃のドラえもんの方が似ているようです。

ただ、メインサイトは、いかにもアメリカンなイラストですので、線が崩れているように見えて、似ているとも言いにくいな、とは思ったのですが…。

大本のリンク用イラスト(そこから引用)。

kidszone

あまりに似すぎています。

続きを読む "ドラえもん?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.29

902SH

関東の方では今日から発売のようですね。
他の地区は年明けらしいので…。

関西の会社のシャープ製で、広島で作って、発売は関東一番。
ちょっと釈然としないのですけど、東京が首都ですからね。

機種変更の値段、やっぱり高いみたいですね…。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.26

もてなければ飾れない?

もてない雄はずっともてない?=北米の「クリスマス鳥」の記事が衝撃的でした。
もてなければ、どんどんみすぼらしくなってしまうハゴロモムシクイ…。
ハゴロモムシクイは別名「クリスマスバード」というそうです。
野鳥インデックスからアメリカムシクイの一種として紹介されています。なかなか色が格好いいですが、この色が悪くなってしまうと「もてなくなる」ようです。

SCIENCE HIGHLIGHT Volume 306,Number 5705,Issue of 24 December 2004
こちらの記事を見ると、「もてない」というわけでもなく、子育てに時間がかかる場合がそうなるようです。

繁殖期の早い時期に子育てを済ませたオスや独身のオスが次回の繁殖期に備えて羽を成長させるのに対し、遅い時期まで子育てに従事していたオスは、メスへの求愛に使う尾羽を渡りの最中に換羽することになる。

遅い時期まで従事するというのは、面倒見がいい雄なのでしょうかね。

著者らによると渡り中の換羽は非常にストレスを伴い、また、カロチノイド不足を示唆するように尾羽の色も鮮やかさを失うという。

なんにしろ、ストレスがいけないのですね。
衣服でとりつくろえるホモ・サピエンスはある意味幸せですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.24

感動系を検証してみる

100万部突破したという「いま会いにゆきます」読了しました。
書店に並んでいるだけでは手に取ることはなかったかもしれません。個人的に好きなジャンルからは外れていますから。
やはり映画化は大きいものです。といっても、映画は観にいっておりません。原作を読んだ限りではぎりぎり一人で観にいっても可かな、とは思えるのですが(読んでいる間、子供に重きを感じたからかもしれません)。

いま、会いにゆきます
市川 拓司

小学館
2003-03
売り上げランキング 84
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

「世界の中心で愛を叫ぶ」と比べられているのかもしれませんが、涙を誘うお話です(なお、「世界の中心で〜」は読んでいません)。
映画のプロモーション映像は私としては断然「いま会いにゆきます」の方が好きなのですが。

続きを読む "感動系を検証してみる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.23

この選択肢は…

MSN-Mainichi INTERACTIVEにちょっとした投票アンケートがあります。確かMSNの時代からあったので、それを引き継いでいるのですね。

現在のアンケートは、「【芸能】NHKの海老沢会長は」です。

支持率とも言うべき続投すべきが4%。
今すぐ辞任、紅白生出演で辞任、計80%。

数字からすれば、即辞めるべきではありますが、海老沢氏一人が辞めても変わるとは限りません。

でも、注目すべきは最後の選択肢。
「受信料拒否の理由になるから辞めないで」
これが14%もあるのです。

この選択肢が成立しているのもなんともいえませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.22

i-modeでパックマニア

メタルギア・ソリッド3難しすぎ!
物陰に隠れていたらだいたい進めた今までと大違い。草むらに隠れても、すぐ見つかってしまうし…。
パッケージの明らかにビッグ・ボスな画面写真のために「そいつは楽しみだ」って進むにはあまりに難しい…。

こんなときは、少々理不尽な難易度でも軽く遊ぶ分には十分楽しめたレトロゲームがやっぱりいいです。

ということで、

MSXやX68000には移植されていたパックマニア、i-modeでの提供がされているようです。気付いたのは新聞広告だったのですが…。
あんまり遊んだことはありませんが、ジャンプするパックマンやレゴブロックのような背景が印象に残っています。
ナムコさんは比較的vodafoneにもリリースが多いので(唯一ドラゴンバスターもあるし)、vodafone版も期待しています。
(意外にauには少ないですけど…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.19

CM版MSフィールドDSスペシャル

PS2版 Zにどっぷりはまってしまっており、いろいろ情報をチェックするのももどかしくなり、ネタに困っていますので、昔のガンダムゲームにお出ましいただきます(ガンダム繋がり)。
ただしパッケージ版ではなく、ディスクマガジンDisc Station#6に掲載された、ファミリーソフトの「CM版MSフィールド」を取り上げます(画面は全てDisc Station6から)。君は、刻の涙を見る(かも?)。
DS06_1_00
タイトル画面、青い丸いのはコンパイルのカーバンクルに後にマスコットキャラの地位を奪われるランダー君です。しかし、ボールのようにもたれているのはなんとなく脚がはえそうなディティールが見られます。ちょっとハロっぽいですね。

よくよく思えば、体験版を掲載するはしりは、このDisc Stationからメジャーになったといっても問題無いかと思います。雑誌での掲載(よりも最近はネットですね)なんて、昔は無かったですから。その意味で革新的だったのですが…。

続きを読む "CM版MSフィールドDSスペシャル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.16

学力低下について

週刊!木村剛 powered by ココログ: ゆとり教育でゆとりを感じているのは誰?
また有名人のブログにトラックバックしてみます。

ともかく「学力が落ちた」ということは確か。世界と比較しても落ちてきたわけです。
ゆとり教育、当初から不安でした。週休二日制、羨ましい…。しかしながら聞こえてくることは「それでいいの?」ということばかり。円周率は3で計算させる、というのにびっくりしたものです。
教えることは簡単に、それによって時間ができるので利点がある、とのことでしたが…。

続きを読む "学力低下について"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.12.15

またまた携帯でレトロゲームアプリ

PS2 Zにうつつをぬかしていると、かなり間が空いていたり…。
また、レトロゲーム(というかMSXでも出ていたゲーム)が追加されました。vodafoneしかチェックしていませんが…。
ゴーファーの野望が結局vodafoneにも追加。とはいえ、MSX版はかなり話が違うので…。といっても、独特の味があるのでまたいいんですけどね。1面のボスのフェニックスが話題のゲームでした。どんな移植版の紹介でもとりあえずフェニックスだけは写っていました。
影の伝説もありました。これは100kアプリ。MSX版がよかった、という思い出は特に無いですが。
SNKプレイモアからが出ていました。Mマガのレビューではかなり酷評されていた覚えがあります。レビュアーが3人でそれぞれ点をつけ(★5つが最高)、お一人がすごく酷評されていました。題材的な問題もあるのでしょうが…。個人的には戦場の狼も同等だと思っているのですが、このレビュアーの方はそちらをレビューしてはいなかったですね。
特に狂喜乱舞したくなるようなものが出てこないのは残念。メタルギアなみに衝撃を与えてくれるアプリが待ち望まれます。
#週末、表の更新できるかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.10

V3G、期待の機体はいつ…

店員の溜まり場を見ていて思いました。
私もSHを待っている一人ですけど、これが中々出ません。
Nokiaの次がモトローラ。
外国ばっかり。
確かにNokiaのは昔欲しかった覚えがあります。ただ、日本語対応がなっていなかったので、その時はNEC製を選びました。
今は専らアプリしか興味ないので、902SHを早くお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.09

歴史は好きなんですね

ZAKZAK

に、「老中阿部正弘以来だ」…小泉”改革”自画自賛という見出しが出ていました。阿部正弘…個人的にはいい印象が無いのですが。首相が何故そう言うのかというと。

出席者によると、首相は、国・地方財政の三位一体改革について「地方の声を聞いたのは老中の阿部正弘以来だ」と語り、幕末に大名から意見を広く聞いた老中に例えて自画自賛したという。

意見を広く聞いた、ということはどういうことを招いたでしょうか。幕府の決断能力の無さをなめられ、この後、遂には江戸幕府は10年程度で滅んでしまった、というのが結果です。ついでに最初にアメリカの外圧に屈した人です…。

続きを読む "歴史は好きなんですね"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.08

もう帰ってたのか…

サマワ訪問の防衛庁長官が帰国 派遣延長の「環境整う」 - asahi.com : 政治

4日に出て6日には帰ってきていた、と。

 大野長官は4日昼過ぎに成田空港を出発し、5日、サマワの陸自宿営地や、道路の改修現場などを約5時間半視察した。

5時間半で何が分かるのやら…。

続きを読む "もう帰ってたのか…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.07

分からないこと

日本放送労働組合(以下、日放労)、これはNHKの労働組合です。
NHKは特殊法人なので労働組合を作ることができるわけです。
受信料の支払い拒否や新たな不祥事発覚など最近厳しいNHK。多くの職員は真面目に働いているのですが、1人出ればもっといるはず、と思ってしまうのが人の性。
NHKの労働組合は海老沢会長(エビジョンイルと呼ばれているという報道もありました)の辞任を要求している、という報道は記憶にも残っていますが、実際一言だけ覚えてしまうので正しい内容が伝わっていない可能性は報道のせいもあり、よくあることです。
その為、意図をもっと伝えようと日放労はホームページを立ち上げたようです。
日放労ホームページ

続きを読む "分からないこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

今度はなんとか現場まで

自公幹事長がサマワに向け出発 治安情勢など直接確認 - asahi.com : 政治

昨年は、防衛庁長官すら現場に行かず、「アマチュアでは現地の状況を把握できない」とか言っていたようですが、今回は防衛庁長官、自公幹事長がサマワに向かったとの事。
最低限のことはした、ってポーズでしょうが、10日に決めたいのに4日や5日に出発して何が確認できるのでしょうか。
国会で審議したのかどうかもよく分からないまま、閣議で決定して派遣延長するつもりなんて…。事後に承認を求められて、承認されなかったことって日本ではあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.05

年末商戦(ゲーム)

近年ゲーム産業も低迷化が目立つようですが、確かにやりたいと思えるものが少なくなったようです。
今年は新ハードの投入があるので、注目度が高いのですが、既存機種のゲームには、続編物・キャラクター物が目立つ典型例。新ハードは買う気が今のところないので、実際年末は続編・キャラクター物に目が向いています。
続編物、キャラクター物というのは大資本が無ければできないものですので、いい兆候ではないのです。メーカーも淘汰されますしね。

それはさておき。

続編物の注目作はこれ。

続きを読む "年末商戦(ゲーム)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.04

3Dでもちょっと違う

ITmediaモバイル:ハドソン、901iシリーズ対応ゲーム「ボンバーマン3D」を配信
本当にハドソンとかスクエニ(ドラクエ8買ってないし)には縁が無いと思ってしまうのですが、またiモードでの配信です。
ボンバーマン3D…なんだか似たようなタイトルがあったような…。
そうです。三次元ボンバーマンですよ。
やったことはありませんが…。
俯瞰画面でない為、お化けの位置が把握しづらいのではないでしょうか。
ついでに、このソフトは販売は「日本ソフトバンク」です。
ソフトバンクが福岡にあった頃の話ですね。こんなのを販売していた時期があるのです。

続きを読む "3Dでもちょっと違う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.03

指輪物語スペシャル・エクステンデッド・エディション

SANSPO.COM
DVD(コレクターズ版では無い方)の発売が例年より遅いのはこの為でしょうか…。
日本で、スペシャル・エクステンデッド・エディション(50分追加)公開ということ。
DVDは2005年2月発売予定です。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション
ピーター・ジャクソン

ポニーキャニオン
2005-02-02
売り上げランキング 5
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

王の帰還、確かに大満足でしたが、サルマンが全く登場しないのには違和感を感じていたものです。スペシャル版はそのサルマンと蛇の舌の末路まで映像化されているようです。
ホビット庄で悪巧みしたり、最後は小物ぶりを発揮しますが、やっぱり杖が砕かれる時のガンダルフとのやりとりが観てみたいものです。だいたい、パランティアの石がなんで塔の下に落ちているのかも映画だけでは分からなかったのですからね。

でも、早くDVDで欲しいんですけどね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.02

ココログ誕生日

ココログ、一周年を迎えたとのこと。
おめでとうございます。
身の周りは特に変わらないので、ルーチンを繰り返し、ただ日常だけ送っていると、はや一年。
歳だけは立派に加算されました。

そこで今回は1周年を記念して「ココログとわたし」と題し、みなさんのココログへの想いを募集します。

一周年企画ということなのでいい機会ですので振り返ってみます。

続きを読む "ココログ誕生日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.01

韓国でも不思議な日本の韓流ブーム

Yahoo!ニュース - 海外 - 産経新聞「ヨン様ブーム、韓国も騒がす」
ということで、10年前なら考えられなかった日本での韓国ブーム。
大統領が直接登場しているCMでも、てこ入れはできなかった日本からの観光客、冬ソナ、特に「ヨン様」のお陰ですごいことになっているようです。
熱風(ヨルプン)と呼んでいるようですが、今回のブーム。

ヨン様ことペ・ヨンジュンさんの人気は朝鮮半島からの対日熱風としては「四百年前の朝鮮通信使以来」(朝鮮日報)とされ、

古っ。つまりは、徳川が頑張った朝鮮との国交回復に伴う通信使がヨン様の前、という評価です。このときは、その文化的な違いに注目が集まっただけで個人の人気では無いと思いますが(儒学者は通信使様、だったかもしれません)。数年前、ブームの兆候が映画「シュリ」でちょっとした話題になっていたりもしましたが、本格的にはブームになりませんでしたしね。

続きを読む "韓国でも不思議な日本の韓流ブーム"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »