« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

わがままな二世(以降)

日本の議員さんは、「二世」であることが非常に多いように感じます(特に自○党)。
(アメリカだと一族ということでブッシュやケネディでしょうか)

親の地盤を引き継げる、ということで選挙に有利だからでしょう。また、金をそれなりに持っているというもの大きいのでしょう。「選挙は金がかかる」ということで、税金から「政党助成金」なんてものを出しているのですから。

しかし、議員さんたちは人々に選ばれたというよりも、「私は特権階級」と思っている人たちが多いように思ってしまうのです。
殿様って思っているのでしょうか。後を継いで当然、という印象です。

そんな人たちが育つのは、こんなところにも見られるのではないでしょうか。眞鍋かをりさんが日帰り旅行で出会ったわがままな子供のことを、
うちな〜☆にて記されています。

もうホントにあんたどこの国の皇太子ですか?
ってくらいわがまま三昧なんですよ。

と折角旅行に行くのに、フライト時間が長いとか文句ばっかり言っているようです(エコノミーっていうならまだ我慢するけど)。子供の我が儘っぷりにもむかつきますが、更にむかつくことは、
そのうるさかった子供の父親ですが…

胸に…

議員バッジついてました…(TωT)

なんだか立派なドラ息子に成長する予感…。

ムシキングで遊ぶところはまだ子供らしいのですが、公共の場での態度が悪すぎます。周りの人は子供にとって確かに他人かもしれませんけど、他人の目を意識しない、っていうことが他から見てどんなにみっともないものか
分かるように親が教えておかないと。

続きを読む "わがままな二世(以降)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.27

Mマガ3号出てました

行きつけの大型書店(大阪)にはもう並んでいました。
ゲームリーダの改造(5インチベイに格納)という妙な記事ありました。
ざっと目を通したんですが、グレイテストドライバーは「2Dスペシャル」ですので、EGGで出ているもの(製品)とは別物でした。

【2005.04.30追記】
それなりに触ってみましたが、「古いパソコンでもそれなりに」ってことはなく、型番にMSXがついているPCG-C1MSXではとてもMSX PLAYerが遊べる物ではありませんでした。crusoeは駄目ですか?
状態セーブがついたのはとても嬉しいですね。これが威力を発揮するのは、絶対にコナミのグラディウスシリーズだと思いますので、是非収録して欲しい物です。

では、ちょっとした感想を。

続きを読む "Mマガ3号出てました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.21

Mマガ3目次公開

モブログのテストを兼ねて。
Mマガ永久保存版3で目次詳細(PDF)が掲載されました。
グレイテストドライバーは今まで名前が挙がっていなかったように思います。それを除けば同人作品ですね。
1チップMSXはやっぱり付録じゃなくて販売ですね。
カシオのゲームランドの記事は面白そう。
V9978とかもあります。
製作系の記事が多いようですね。
コナミの関係者はやっぱり小島監督です。モアイ佐々木さんもいれてほしかったな、という個人的な意見もありますが、98、P6本よりは記事の選び方がこなれているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.16

Mマガ永久保存版3気になる内容

Mマガで引っ張りすぎですが…。

「MSX MAGAZINE 永久保存版3」の内容は?をちょくちょくチェックしてしまうんですが、最初の発表から若干表紙の色が変わったようですね。

内容も紹介されていますが、収録ソフトについては詳細はこの中ではほとんど分かりません。
しかしながら、カシオの作品が収録されることは情報として流れています。これは、内容に紹介されている。

開発者が語る カシオの秘密

と繋がっているので、間違いないといえるでしょう。

そして、この内容紹介の中に気になる一文。

コナミのMSXタイトル中心人物に迫る!(予定)

「カシオの秘密」でカシオのソフトが収録されるなら、「コナミのMSXタイトル中心人物」でコナミのソフトが収録されても不思議は無いと思ってしまいます。収録予定作はあと7本残ってますし。(予定)ってところが、更に気になるんですけど…。

ただ、コナミがハドソンを子会社化すると同時期に、ハドソンのソフトがEGGから消えてしまいました。なんらかの関係があるとすれば、コナミのレトロゲームに対する考え方はEGGとはかけ離れていると解釈できなくも無いですよね。MSXアソシエーションのみに協力するとはとても考え辛いので…過度の期待はやめておきます。協力してくれるんだったらとてもとても嬉しいですが。

あまり考えたくないですが、コナミがMSX最良の友だったあの当時、30歳程度だった方たちも、もう50歳ぐらいなんですよね…。ということは、Mマガトップ10にコメントを寄せてくれていたメーカー広報さんも…。これこそ刻の涙です…(お互い様ですけどね)。

続きを読む "Mマガ永久保存版3気になる内容"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.13

Mマガ3号収録ソフト

GIGAMIX NEWS HEADLINEさんの所にどんどん収録作の情報が掲載されています。Amusement Centerをもっとチェックすればいいのですが、どうも「コスプレ」という言葉に抵抗がありすぎて、ちょっと見に行くのを避けてしまいます。soft-cityの方ならな…。

追加情報としては、下の通りのようです。
・ルーンワース黒衣の貴公子
・は〜りぃふぉっくすMSXスペシャル
・惑星メフィウス
・アレスタ
・エミーII
・伊賀忍法帖
・伊賀忍法帖〜満月城の戦い〜
・カシオワールドオープン
・仔猫の大冒険
・妖怪屋敷

これで、表紙にも載っている3つをあわせて13作。あと7作は同人の可能性もありますね。

続きを読む "Mマガ3号収録ソフト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.10

日韓歴史教科書比較17

近代1

韓国が最も忌み嫌う時代が帝国主義が幅を利かせたこの時代です。 韓国の教科書では「帝国主義時代の世界」と表題を打ち大枠の解説を行っています。植民地支配という侵略行為を一番に教えておこう、ということでしょう。

この時期、自由貿易を制限していたアジアの国に対して、産業革命で力をつけた欧州列強が開国を迫ってきます。最初のターゲットは清。アヘンの輸入を拒んだ清に対し、戦争(阿片戦争)を仕掛けたイギリスは大勝利をおさめ、清を開国させます。つまり、欧州列強は武力を用いて開国させてくることが知らされたのです。
日本では水野忠邦による天保の改革の終わり頃。韓国では大院君による政治の行われている頃です。韓国の教科書では、大院君の政治については内容は詳しく記しているのですが、年号が分からない為、非常に把握しづらくなっています。大院君の登場は1863年。日本にペリーが来航した時より更に10年を待たねばなりません。

続きを読む "日韓歴史教科書比較17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.09

一年戦争結局買ってしまった…

今週は書籍だけで頑張ってみよう、と思っていたのですが、ネタ切れ。

昨日、目に付いたので買ってきてしまった「機動戦士ガンダム一年戦争」

機動戦士ガンダム 一年戦争

バンダイ 2005-04-07
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

他には聖闘士星矢なんかも気になりましたが、そこまで好きでもなかったので手は伸びなかったですね。

買ったついでに幾つかおまけ(カレンダーとクイックオペレーションというカード、スペシャルDVD)を貰いました。カレンダーは使えないことも無いけど、クイックオペレーションは単なるカードにしか思えないし、スペシャルDVDってGUNDAM THE BESTを一本買ったので持ってるし…。余ったのかな?

購入当日ではなく翌日に開封。とりあえず、「大西洋、血に染めて」まで終了。

続きを読む "一年戦争結局買ってしまった…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

100巻目には限定版が

グイン・サーガ100巻「豹頭王の試練」。本日店頭に並んでいたので購入してきました。
本の中の時間はほとんど進みませんが、大きく動くといえば大きく動くのかな。
登場人物欄に載っている人だけでは終わらない、ってところがちょっとびっくり。
あとがきから読むと嫌でもその人の名前が目に入りますけど。

さて、今回は100巻を記念して特別カバーバージョンが一部の書店で発売されます。サイン会の行われる2店を含めても全国で59店舗。オンライン書店では扱っていないので、結構レア物になってしまうかも。
ただし、発売日は14日のようですので、早く読みたいという人は、待てるかどうか…。

取り扱っている書店はみんな大規模書店でしょう(6つ行ったことがありますが…新宿の本屋は入っていませんね)。

続き物ですので、棚に並べることを考えると背表紙は統一してもらいたい物ですけど、記念アイテム的な印象ですね。行きつけの書店が取り扱うようなので、棚に置いてあれば記念に買ってしまうかもしれません。
予約でさばかれちゃうかもしれませんけどね。

詳しくは、HAYAKAWA PUBLISHING CORPORATION's HOMEPAGEで。

続きを読む "100巻目には限定版が"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.07

対馬の宗氏は苦労したのに…

ココログがversion upということで、リッチテキストでの編集を存分に味わおうとか思ったのですが、元々派手にすることもないので、とりあえずそのまま。

島根県の竹島の日に対抗して、韓国は「対馬の日」を制定してしまいました。
リンク: Chosunilbo : Daily News in Japanese About Korea.
折角文化面(主にドラマ)で友好ムードが高まっていたのに残念です。
韓国側にすれば、竹島の日や教科書で竹島領有権について書いた日本が悪いという言い分でしょうが、それにしても日本の常任理事国入りに反対とか、極端な動きが目立ちます。
で、対馬の日。
よりによって「応永の外寇」にちなんだ日、即ち対馬にすれば「攻め込んで来る軍隊が出陣した日」を記念した日です。常々日本は侵略行為を反省していないとおっしゃる割には矛盾しているのではないでしょうか。更に昔、高麗が元の尖兵となって対馬を侵略しているのですし。応永の外寇を根拠に対馬は韓国領とすべきと言われても…。
対馬は日本と朝鮮の外交で重要な橋渡しの役割を果たしてきています。どちらにも良い顔をせねばならなかったのかもしれませんが、朝鮮と日本の面子が双方立つように外交で苦労してきた歴代藩主を分かっていないとしか思えません。
そんな、対馬の苦労話。

対馬藩江戸家老―近世日朝外交をささえた人びと
山本 博文

講談社 2002-06
売り上げランキング : 242,873

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本のハングル訳本、無いものでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.06

Mマガ3号

真夏日のような陽気を感じる頃になり、ようやく発売日が決定したMSX MAGAZINE 永久保存版3
1や2に比べると、随分待たされたような、そんな気を凄く凄く感じます。
(ショートプログラムコンテストの締め切りをあんなに早くする必要はなかったんじゃないのかな…)

発売日は4月28日です。

MSX MAGAZINE永久保存版3

アスキー 2005-04-28
売り上げランキング : 6,704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表紙はゲームセンターあらしです。今迄で最もMマガらしくない表紙なのではないでしょうか。2の表紙の方が往年のMマガを感じさせてくれたので、あのまま続けてくれるのが、それはそれで歓迎だったのですけどね。

まあ、それはともあれ、価格が2,980円なので、これでは1チップMSXを付録にすることは不可能でしょう。ゲームリーダーみたいに別売りでしょうか(livedoorデパート経由になってしまうのかな?)。

表紙の画像から読み取れる見出しは、以下の様になっています。
・蘇る伝説の名作ゲーム20本収録
・ケータイでもMSX PLAYerが動く!
・中東、ロシアのMSX海外事情
・1チップMSXのすべてが明かされる
・キーパーソン対談 西和彦/嶋正利
・声優横山智佐インタビュー

続きを読む "Mマガ3号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.05

ガンプラの進化

ガンプラってそのまま変換してもらえることに気付いてしまいました。
機動戦士はすぐには無理ですが。

ともかく80年代、ファミコン等のコンピュータ・ゲームが流行る前は男子の玩具といえばプラモです。スケール・モデルにはまった人もいるのでしょうけど、やっぱりガンプラ・ブームっていうのは凄いものだったと記憶しています。
ということで、そのガンプラに関する書籍を祥伝社(なかなか変換されませんね)が祥伝社新書創刊ラインナップに乗せました。

ガンダム・モデル進化論
今 柊二

祥伝社 2005-02
売り上げランキング : 7,302
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本でのプラモデルの歴史、どんなメーカーがいて、どんな商品を出していたか、などの黎明期から始まり、現在の新型モデル(HGUCマラサイが最後に名が挙がっています)までの商品展開が紹介されています。この本単体ということに限ればそこそこの読み物と言えるでしょう。ざっと今までを見ることも出来ますし、簡潔です。

でも、この本の内容ってどこかで読んだようなものなんですよ。
最近は日経BPや宝島社がムック本をよく出したお陰で、この本に掲載されているような内容はほとんど網羅されてしまっています。旧来のガンダム・ファン及びガンプラ・ファンってこの辺って結構手にとって読んでいると思うんですよね。

続きを読む "ガンプラの進化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

ジュ・ゲーム・モア(以下略)

妙な題名と岩波文庫のような表紙。特に手に取ることもなくいたわけですが、Amusement Centerにて「ちるどれん・うぉーず」の名と共に紹介されていたのを発見し、その後頭の片隅に残ってしまいました。
で、購入しました。

ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ―自腹文庫
ブルボン小林

太田出版 2004-12
売り上げランキング : 6,488
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちるどれん・うぉーずはCOMPILE(会社解散。ほとんどの資産はアイキに行きましたが、魔導物語とぷよぷよだけはSEGAに権利が行ってしまっています。お陰で魔導師ラルバのEGGへの登録が遅れてしまった迷惑な話も)から発売されていたDisc Station(一番最初のMSX2用)スペシャルに収録されていたもの。これを褒めるってことは、なんとなく同類と思えるゲームの歴史をたどっているのではないか、と思ってしまったりするのです。

続きを読む "ジュ・ゲーム・モア(以下略)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.03

グイン・サーガ100巻

今月、栗本薫作の「グイン・サーガ」が100巻を迎えます。予定ではこの巻で完結の筈でしたが…。
HAYAKAWA PUBLISHING CORPORATION's HOMEPAGE
記念サイン会は東京では行われるようですね。三省堂(有楽町)と書泉ブックタワー(秋葉原)です。
最新刊は「豹頭王の試練」とのこと。予定(といってもかなり前のこと)では100巻「豹頭王の花嫁」で完結ということだったので、豹頭王はなんとか入った、というところでしょうか。
それにしても100巻です(現在外伝が20巻でしたかね)。
凄いです。
写真にとってしまいました。でも、一枚に入らなかったです。高いところにでものってからじゃないと無理ですね。
PICT0057
PICT0058
2枚目は下3列だけですけど。
これは本編だけ。

続きを読む "グイン・サーガ100巻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »