« グイン・サーガ105巻 | トップページ | EZ-AGで学んでみる1 »

2005.12.11

EZ-AGを買ってみた

Xbox360発売と同日に日本発売となったもの、YAMAHAのEZ-AGを買ってみました。「光るギター」のアコースティックギター版ということです。通販で買ったのですが、発売当日には届きませんでしたよ。荷物の問い合わせすると「Xboxですよね」と言われる始末です…。

ヤマハ 光るギターAcoustic EZ-AG【送料無料】ストラップ&ヘッドフォン付!

それはともかく、ようやく手にしましたよ。楽しい玩具ということで。ギターの知識なんてまったくない者が触るとどう感じるか(楽器の知識は僅かにはありますが)。

で、雑感。
思ったよりは大きく感じました。いろんなサイトで見ていると、かなり小さいのかな、と思っていましたが、それなりのサイズで座りがいいのではないかと。とはいっても、本物のギターよりは小さいですね。質量は1.9kgということなので、結構軽いです。
弦はワイヤーみたいなのが6弦、ホール(ここがスピーカーになっています)の前にあります。要するに、右手は弦を触ることになります。左手が触るところ(フレットというそうですが)、ここがボタンになっています。ボタンの長さは徐々に短くなっているようです。ボタンは72あります。
音が鳴るのは、当然弦を弾いたときですが、一本弾いてもコード音がなるわけではなくて、当然の如く単音です。ただし、ギターの知識が無いので、ドレミすら鳴らせませんが…。

まあ、ドレミを鳴らすことがEZシリーズのコンセプトではないので、これはこれでいいのでしょう。

メインの一つは、SONGデータにあわせて弦をかき鳴らせば、その通りにコードの音が出るってところです。データは12曲入っていますが、全て洋楽です。これにあわせて、適当に弦をかき鳴らすモードは、STRUMです。MIDIの曲が鳴って、弦を弾けば…ちゃんと音が出ますね。それっぽく。見た目だけなら弾いているみたいです。これが一番簡単な楽しみ方。
もう一つは、曲データに含まれるコードに対応してフレット部のボタンが、商品名の通り「光る」ってことです。このモードはCODE。ボタンが光って、その通りに押すと演奏が進んでいきます。弦はこのモードでは使用しません。押せないと待ってくれますが…すごくボタンを押すのが辛いコードがありますね。これが初心者が挫折するというFですか?左手つりそうです。私は結構指は長い方ですが、それでもうまく押せません。いい押し方があるんでしょうか…。なんにせよ、このモードは全くの初心者には無理。ある程度練習しないと使えないようです。
あとは、デモとBOTH(コードと弦をかき鳴らすのを両方)モードですが、デモはMIDIの曲がなるだけですし、BOTHはCODEが使いこなせてないと意味無し。

即ち、「見た目」だけならMIDIデータの購入を行って、STRUMで演奏。これは練習不要です。MIDIデータの転送にはMIDIインタフェースが必要です。
でも、光る機能は練習用。即ち、ある程度のギターの知識を習熟する必要があるわけです。
で、これでコードを引けるようになった後、本物のギターが使えるかは…不明。

これはMIDI機器でもありますが、音色は非常に少ないです。まあ、ギターですしね…。
それにしても、MIDIなんて懐かしい。JASRACが個人サイトのMIDIデータにまで制限をかけるようになってから、ほとんど見かけませんからね。それにインタフェースもUSBですか…。Cバス用のMIDIインタフェースが懐かしいです。

一応ギターのインターネット講座を申し込んでみました。投げずに続けられるか…微妙かなぁ…。

|

« グイン・サーガ105巻 | トップページ | EZ-AGで学んでみる1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5980/7569740

この記事へのトラックバック一覧です: EZ-AGを買ってみた:

« グイン・サーガ105巻 | トップページ | EZ-AGで学んでみる1 »