« 今年は個人的に中華人民共和国に注目してみます | トップページ | 確かに負の印象しかない記事が多いけど… »

2006.01.09

EZ-AGで学んでみる6

とりあえず、近頃は復習の日々です。
コードFですけど、カポタストつけないときの方が、幅があって押さえやすいような…。あと、レッスンで教えてくれる押さえ方より、そのまま普通に押さえるほうが楽なような気も…。
ということで、今日はコードの練習をメインに行いました。

YAMAHAさんのサイトを見ていて、クラシックギターとアコースティックギターのネックの幅が違う、ということを知ったので大きさをもう一度詳しく調べたくなりました。
一番細いところで46mm。一番太いところで60mm。ということは、LシリーズではLL16-12というのに大きさは近いのでしょうか(値段は全く違いますけど)?
また、EZ-AGが先行機種EZ-EGに外見上明らかに違うのは、ピックガードとサウンドホールを模したスピーカでしょう。
ez-ag
ピックガードはメーカーによって形が違うそうなんですけど、EZ-AGのピックガードのシールの形は、ホールに沿った形になっているので、一応他と揃えているんでしょうか。


|

« 今年は個人的に中華人民共和国に注目してみます | トップページ | 確かに負の印象しかない記事が多いけど… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5980/8083957

この記事へのトラックバック一覧です: EZ-AGで学んでみる6:

« 今年は個人的に中華人民共和国に注目してみます | トップページ | 確かに負の印象しかない記事が多いけど… »