« DS新型 | トップページ | 比較的悪いことのみではない筈 »

2006.01.28

不知火 暁

やったぁ、八咫鏡だ、ということで百式もどきのアカツキです。
初めてテレビに現れたときは、肩の「暁」という漢字と金色ということで、誰がなんと言おうと連想するものは百式。
まあ、結構様子の良いMSではあります。
Ζもどきの方は、模型の様子もあまり良くないですから…。

akatsuki01

百式と同じようなレベルのメッキです。表面は鏡の役割を十分に果たすぐらいです。メッキ部分はほとんどアンダーゲートです(一部組んだとき目立たなくなる場所は異なります)。
メッキは二色使っていますが…組んでみるとあまり分からなくなってしまいます…。結構整形色は多い方ですね。
部分塗装すればほぼ完璧…と思えるのですが、メッキはビームではなくガンダムマーカーをも跳ね返してくれます。しかも、何度もなぞると金色は剥げていきます…。

akatsuki02

このMSはデフォルトがビームナギナタのようです。分離した状態の柄もついていますが、ザクもグフもドムも出たのにゲルググタイプが出なかった種デスとしては、せめてビームナギナタだけでも持たせたいものです(レジェンドなんかもこうなっているんでしょうかね)。

akatsuki03

銃剣タイプ。Ζやガブスレイの銃剣スタイルとは異なります。普通の銃剣スタイルに近いです。ΖΖではR・ジャジャのライフル(模型ではHGUCザクIIIにこのタイプのライフルがついています)がこの形(ビームソードでは無かったようですが)ですね。

akatsuki04

このシラヌイアカツキは肩関節が新しくなっていて、ABSのダブルボールジョイントです。なかなか良く動きます。「頭から腕が出てるよ」まではいきませんが、結構上がります。

設定では18.76mと種MSでは結構背の高い方のアカツキさんですが…

akatsuki05

18.6mのドムさんよりは小さい模型になっています。

akatsuki06

あとは、お馴染みのファンネル(種ではドラグーンですね)用のエフェクトパーツと、

akatsuki07

飾り台対応です。なお、キットには台は付属していないので流用する必要があります(もちろん種デス用の飾り台対応ですので、アッシマーやガブスレイに付属しているものは、そのままでは使用できません)。春に出るオオワシアカツキにはエフェクトパーツがいらない分台座をつけても良いかと思います。

スタイルも良いし、金色も派手で非常に「目立つ」なかなか格好のいいMSですけど、部分的に色を付けるのが非常に大変です。ここに載せた写真は、色を塗ったのは顔だけですけど、メッキを削ったり、金色を銀色にするよう消しペンでふき取ったりしています。肩の丸いところはカッターナイフではちょっと削れそうに無かったのでそのままです…。

メッキはがしちゃうと、この高額な値段が…無駄のようで無念ですね。

1/144 HG シラヌイアカツキガンダム1/144 HG シラヌイアカツキガンダム

バンダイ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エフェクトパーツは結構面白いので、是非HGUCでνガンダムが出るときには、付属をお願いしたいものです。

(冒頭のネタモト、源平討魔伝はvodafoneでも2/1からプレイできるようです)

|

« DS新型 | トップページ | 比較的悪いことのみではない筈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5980/8385237

この記事へのトラックバック一覧です: 不知火 暁:

« DS新型 | トップページ | 比較的悪いことのみではない筈 »