« 中国Google天安門事件検索できず | トップページ | 蒼天航路35・36 »

2006.02.07

理系の男

そういえば、店にいくと最近目立つのがチョコレート。もうすぐバレンタイン・デーですが、個人的にはどうでもいいです。いい思い出ないし。

ちょっとAll Aboutを見ていて気になった記事があります。
いつもは男性向けのFor mと生活関係のものを見て終わりなのです。しかし、本来見るものではないFor Lの方にその記事がありました。

連載記事『本命を射止める!口説きテク』のうち、『Vol.4 理論派“理系男”を口説く方程式』。
自分としても理系なので、どういう風に書いてあるのか、かなり興味を惹かれます。

理系の男性というのは、女子が少ない環境で勉学に励み、社会に出た後は男性が多い職場で過ごすことが多いため、女性に接することに慣れていない人が多いようです。

これは結構ネックになるんですよね。場慣れできないんです。
とはいえ。
慣れていなくても上手に接することが出来る人は、どこでも出来るように思います。

彼の態度が煮え切らないので思い切って「私のこと、どう思ってるんですか? 好きか嫌いか答えてください」と言いました。するとAくんは困惑して、迷った結果「どちらかといえば嫌いです」と答えたそう。

え〜、嫌いと言えるのも凄いですね…。といっても、好きとは簡単には言えないでしょうけど。
0と1なら、っていうところだと0によるってことですね。

知り合った女の子を誘うときは「僕に気があるなら来てください」と、いきなり二者選択から入るそうです。

こんなん、よう言いません…。かなり自信ないと無理ではないですか?

大人になっても、頭の中で「恋人とはこういうもの」「女性はこうあるべき」と思い込んでいる男性もいます。自分のよさをアピールしつつ、彼の理想と折り合いをつけるべく努力していることを理解してもらうと、好感度アップ間違いなし。

…当たってますね。理想を捨てるのが難しいんですよね…。
理想に忠実だと、なかなかお世辞をいうこともできなくなるので(思ってもいないことは言えません)…困ったものです。

|

« 中国Google天安門事件検索できず | トップページ | 蒼天航路35・36 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5980/8552368

この記事へのトラックバック一覧です: 理系の男:

« 中国Google天安門事件検索できず | トップページ | 蒼天航路35・36 »