« ポーション | トップページ | さすが…新型 »

2006.03.25

HGUCキュベレイ劇場公開記念版

HGUCとしては、初期に発売(4作目)されたキュベレイ。劇場公開記念ということで、メッキパーツとメタリック整形色とコーティングされたホワイトパールのパーツでの登場です。作りは当然そのまま。
qubeley01
なかなか写真が映えます。メッキ部は一応ピンクがかっているようですが、あまり分からないですね。従来のキットのピンクのパーツがメッキとなっています。元々色分けがしっかりしているキットなので(シールはたくさんラインに貼らないといけませんが)、それなりに美しいキュベレイができます。
qubeley02
ピンクの部分もメタリック整形色で良かったようにも思うのですけど…コクピット部やファンネル・コンテナがメッキになるので目立つようになるのでしょうかね。

qubeley03 そこそこ可動のいいキットです。難点は肘の可動ですね。このお陰で、取りたいポーズが取れるか、というと微妙です。腰に手を置くシーンが再現しづらいので。 キュベレイMk-IIのノーマル・バージョンと比較しても艶はかなり違います。 昔、キュベレイ・シリーズはエクストラ・フィニッシュ出ていたんですよね。このときとは何処が違っているのでしょうか…。バンダイホビーサイトの商品データベースで写真を見ると、昔の方が更に白い、ということしか分かりませんね。プルツー機である赤いキュベレイMk-IIは、このエクストラ・フィニッシュでしか出ていなかったので、手に入りにくく悲しい状態です。 ちょっとお値段高いので、なんとも言いがたいですが、見た目はとても美しくなります。キットとしては古いので、今ひとつなところはありますけど、なんといっても、ジ・O、Ζ、百式、ΖΖと主役機クラスと名勝負を繰り広げた機体です。パッと見に美しいことは重要かな、と考えます。 1/144 HGUC キュベレイ スペシャルコーティングVer 1/144 HGUC キュベレイ スペシャルコーティングVer

|

« ポーション | トップページ | さすが…新型 »