« プロデューサーズ観てきました | トップページ | UNDERWORLD EVOLUTION観てきました »

2006.04.22

HGUC百式(グリプス戦役セット)

V作戦セットはガンダム、ガンキャノン、ガンタンク。黒い三連星セットは文字通りドム3機。続いてのグリプス戦役セットは、Ζ、百式、Mk-IIの3機。必ず3機なんですね…。ΖΖを加えれば、ΖΖ用ガンダムチームセットができるんですけど、セットでは多分出ないのでしょうね(ΖΖは早く欲しいですね…。UCガンダムぐらいは早めにそろえて欲しいです)。ということで、購入後結構経ちますグリプス戦役セットから一番部品の少ない百式を作って見ました。個人的には旧キットを合わせれば三回目の作成。目新しいのは整形色だけです。メッキがちょっと違っています。
100shiki_grypth01
色がギラギラという感じではなく、ちょっと目に優しい感じです。眼鏡フレームの金縁と似ているでしょうか。色はかなり綺麗な方だと思います。
100shiki_grypth02
スラリとして格好良いのは百式の特徴なんですけど、構成はやっぱり古いですね。ガンプラ出戻りのときに選んだのがHGUC百式だったのですが、そのときは気付かなかった古い部分が今となってはよくわかります。膝の関節とか、手首がボールジョイント接続ではないとか、結構色々気になります。かといって、合わせ目もメッキなので消せませんし…。

グリプス戦役セットにはV作戦セットと同様に、マーキングシールがついてきます。ガンダム・デカールは基本的にMG用なので、この手の小さいマーキングは、ちょっと惹かれるものがあるのです。 100shiki_grypth03 胸部の指定シールは、注意書きとエゥーゴのマークと型番です。 100shiki_grypth04 脚部や腰部も注意書きにとどまります。バックパックの指定マーキングが、ちょっと珍しい「δ」です。百式の開発コードとされている「δガンダム」の文字ですね。ちょっと格好良いです。ただ、バックパックじゃなかった方が良いと思うのですけど…。 100shiki_grypth05 ハマーン様のキュベレイと一緒。ノーマル・ヴァージョンはこの二機が続けて発売されました。つまり因縁の両機ということです(だいたい関連ある機体を続けて出しますからね。ザクIの次がヅダらしいですし。ヅダの後は、時期的にやっぱり水物でしょうか?)。 この百式の金色ですが、ガンダムマーカーの金色がやや明るくなったような色です。艶の具合といいよく似ています。もしかしたら合わせ目消してもガンダムマーカーで目立たなくできるかも、とも思いますが、やっぱり怖いのでやりません。 シールがいらなければ、メガバズーカランチャーと一緒の方で良いと思います。 百式は見た目が格好良いし(金色っていうのはおかしな趣味とは思いますけど、しっくり来るのが不思議なところ)、クワトロの乗機ですし、人気のある機体です。でも、続編ΖΖではクワトロがいないので…。ビーチャが「百式は」「俺の機体ですからね」とか言っている回(燃える地球)には、本当に「お前のじゃない」とつっこみたくなってしまうぐらいでした。やっぱりビーチャ程度ではさほど活躍の場を与えられることも無く、本当に見た目が派手なだけでした。一度だけジュドーが乗って、ドライセンを落としたとき(塩の湖をこえて、でしたっけ)だけがΖΖでの見せ場でしたね。
1/144 HGUC グリプス戦役セット1/144 HGUC グリプス戦役セット

バンダイ 2006-03-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« プロデューサーズ観てきました | トップページ | UNDERWORLD EVOLUTION観てきました »