« i-revoに沙羅曼蛇 | トップページ | 沙羅曼蛇バッドエンド… »

2006.04.07

HGUCガザC(一般機)

新作の発売時期が、月の下旬→中旬→上旬と早くなってきましたね。正直言って上旬に出てくるとは思っていなかったので…。今月の新作はガザC。劇場でお目見えのハマーン・カーン専用機とTVでお馴染みの量産機両方発売です。
Gaza_c01
スケール違いやバリエーション機でもない、初キット化としてはガンキャノン量産型依頼ですね。完全新作です。
ガザDがあるといえばありますが、変形パターンも若干違うようですしね。
Gaza_c02
凄く華奢です。脚が短くて手が長いような感じ。率直に言って「不恰好」ですね。こんなバランスの悪い形では、確かに格闘戦は弱そうですね…。といっても、この時期はバーザムやバイアランといった妙な格好のものもたくさんありますけど。
やっぱりハマーン様の乗機としては…相応しくないですね。

では、変形です。 Gaza_c03 まずは手首を取り外します。今回は手首の代わりのパーツがあり、ポリキャップをカバーするようになっています。メタスはポリキャップ剥き出しになってしまう上に、前方だったので、かなりポリキャップが目立っていたのが不評だったのでしょうか。 Gaza_c04 胸部を回転させて、ナックルバスターは取り外します。少しナックルバスター付け根の強度は不安ですね。 Gaza_c05 肩を押し込んで、ナックルバスターをMA形態時の機種となるべきところに付けます。 Gaza_c06 シールドを回転。ちょっと意外だったのが、肩ではなく腕部にシールド接続部があるところです。 Gaza_c07 尾翼(?)を上げて腰部を傾けます。ここはアッシマーに似ていますか。 Gaza_c08 腿を回転させます。バウやバスターと同じような作りになっていますので、こういう回転の方法ですね。爪を動かさなければ、このまま砲台と化します。 Gaza_c09 爪を曲げてクロー状に。結構MA形態は格好良いですね。ジオンのMAという感じが良く出ています。 飾り台は種デス・シリーズ付属のものと同じですが、接続部用のパーツがついています。ガブスレイ等に付属しているものと、接続部の規格が同じなので、Ζのシリーズはこちらの規格にあわせるということなのでしょうね。 「ギレンの野望」では、非常に強力な量産機として登場しますが、印象としては雑魚そのものですね。数だけは揃っていましたけど…。そのお陰でバーザムよりは目立っていましたね。非常に愛すべき雑魚だったと思います。メガバズーカ・ランチャーの唯一と言って良い戦果はガザCの大部隊の撃墜ですからね。 説明書にはTV版Ζと劇場版Ζに登場するMSと書いてあるのですけど…ΖΖにも出ているんですけどね(今月はΖΖ分のHGUCも再販かかります)。 次のHGUCは旧ザク。その次はなんでしょうね。時期的には水陸両用の季節ですけど、残るはザクタイプを除けばアッガイ、ゾック、カプールの三種しか水陸両用残っていません。旧ザクのセールスポイントにしているキー・ビジュアル再現(メモリアル・アクションが復活しただけだと思うんですけど)という意味では、やっぱりアッガイの方が適切ですかね。といっても、そろそろΖΖが欲しいですね。あの見栄をきるポーズをキー・ビジュアルとしてもらうと嬉しいのですが。
1/144 HGUC AMX-003 ガザC(一般機)1/144 HGUC AMX-003 ガザC(一般機)

バンダイ 2006-04-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
1/144 HGUC AMX-003 ガザC(ハマーン・カーン専用機)1/144 HGUC AMX-003 ガザC(ハマーン・カーン専用機)

バンダイ 2006-04-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« i-revoに沙羅曼蛇 | トップページ | 沙羅曼蛇バッドエンド… »