2006.04.15

戦略マース

Amusement CenterでdB-SOFTのストラテジック・マース(ストラテジックは戦略。だから当時は戦略マースと書いている記事もありました)が配信されていました。Project EGG PLUSってことです。当時の記事から受けた印象としては…。
・画面が地味
・でっかいボス
ぐらいですね。
他に何があるのかさっぱりでしたし、何故「戦略」なのかも分かりませんでした。
最近MSXグラディウス・シリーズばかりやっているので、若干シューティングに慣れたような気がします。ということで、チャレンジしてみます。

タイトル画面では、レベル選択があります。12まであるようです。どうせ難しくなっていくのでしょうから、最初は1で始めます。
次に出てくるのは選択メニュー。でも、お金が無いので何も出来ません。SHIFTキーを押すと、マップになります。
2*2ブロックに渡っているところがベースのようです。赤いのは敵。他は補給や武器購入ができます。左下は母星のようで、ここに攻め込まれると、縦スクロールシューティングではなく、どちらかといえばインベーダーやギャラクシアンのようになります。黄色の丸いのが敵戦艦のようです。いきなりいくと武器が貧弱なので、よっぽど上手でないとやられてしまうでしょう。
あとは、ちまちまと敵部隊を倒して(時間経過とともに動いていきます)、お金を貯めてエンジンや武器を買います。エンジンは2段階。武器は、最初に一撃を与えるミサイル、通常装備の垂直方向の3WAY、右方向の3WAY、左方向の3WAY、後方の3WAY、レーザー、ワイド・レーザー、ホーミングがあります。最初はスピードが低いし、武器も貧弱なので、雑魚相手でも逃げ切るのが辛いです。早めにエンジンを購入すべきですね。武器は、レベル1においては後方の3WAYは不要です。左右の3WAYを早々にそろえて、ワイド・レーザーがあれば、雑魚相手にやられることはそうそう無いでしょう。装備はステージ中でSHIFTからメニューに入って切り替えます。
で、ボスですが…。大きいのですが、レベル1、2では2種類しかいません。どうも戦艦本体には当たり判定が無いようです。そうなると結構簡単に潰せると思われます。本体よけていたら、なかなかですけど(ホーミングが無いと辛いです)。
全部倒せば、スコアが出て終わり。…エンディングは無しですか…。

敵を潰していく順番を考えなければいけないなど、戦略的な要素は確かにあるのですが、陽動とか、敵戦力を割く方法とかは存在していないので、僅かな部分のみの「ストラテジック」ですね。背景は宇宙のみですので、非常に寂しいです。グラディウスやスペース・マンボウ、それにアレスタなどに馴染んでしまうと、非常に非常に寂しいです。これの前にやっていたのがゼクサスとかなら問題ないのでしょうけど。敵もいくつか種類がありますが、比較的単調な構成です。一気に敵が出てくるからでしょうね。

派手さを求めるなら、アレスタ・シリーズを購入する方がよさそうです。

|

2006.04.09

グラ2終わったら、沙羅曼蛇も終われた

沙羅曼蛇が一度バッド・エンドを迎えた後、無性にグラディウス2がやりたくなりました。はっきり言って、これこそ伝説に相応しいゲームですね。カートリッジにSCCを初搭載。FM音源の無いMSXで、当時としては衝撃の音楽だったものです。初印象がこれ程強いゲームって今までには他に無い、というのが個人的な想いです。
昔も1、2面はクリアできていたのですけど、今回も意外にあっさりこの面はクリア。一応身体が覚えていますね。あとは、若干上手になったのか、それなりに進むことが出来ました。ただ、ターンしての2度目は非常に梃子摺りましたね…。
自機はメタリオンといいますけど、アルファベットで書けばMETALION。アルファベットを逆に書けばNOILATEMというようになり、ファルコムのソーサリアンの強力な魔法の名となる、とどこかの雑誌に書いてありました。当時MSXのみの発売だったのに、こんなところ(基本的にファルコムのメインって88でしたからね)まで影響を及ぼしたグラ2は、やっぱり凄いと思います。

この後、インターネットで色々調べて、沙羅曼蛇に再挑戦。惑星キルケで無事CRYSTAL BREEZEを発見し、ようやく真のエンディングを見る事ができました。でも、あまり感動しないですね、このエンディング…。バッド・エンドの方がヴェノム様が出てきて面白いですよ。

クリアのための情報は、Tagooが便利です。
沙羅曼蛇
あとは、ドナドナを聴きながら。さんのところで、ヴェノム様の安全地帯の情報を仕入れました。

|

2006.04.08

沙羅曼蛇バッドエンド…

まあ、なんとか最終面までは到達できました…。本当はCRYSTAL BREEZEを途中で取らないといけないらしくて…ということで、バッドエンドを迎えました。

どこでもセーブができるから、なんとか到達出来た訳ですが、本当に極悪なシューティングですね。
よくやっているな、と素直に感心できる作りではあるんですけど、この難易度と隠しアイテムはひどいですよ…。

まあ、i-revoで提供していると言うことは、おそらくグラ2が2スロットにささっている状態だとは思うんですけど、そうでなかったらたまらないですね…。

なんだか…ばっかり使っていますけど、本当にきっついシューティングです。

といっても、音楽もいいし、MSX1のソフトにしたら最高峰であることは間違いないんですけどね。

はあ、また3面からやらないといけないのか…と思うとぐったりです。特に背景黒くされてしまうひどいステージがありますから、あのステージだけは省きたいですね…。

|

2006.04.06

i-revoに沙羅曼蛇

定期的に提供コンテンツが増えていっているi-revoゲーム。今日チェックすると、沙羅曼蛇が入っているではないですか。
MSX、ファミコン、PCエンジンの3機種分の提供です。ということは、MSXグラディウスシリーズは全て提供されたこととなります。
ファミコンやPCエンジンの難易度については、あんまり耳にしなかったので、それ程難しい訳でもなかったのでしょう。コピーも「生きて帰れるか?」だったと思います。
それに比べて、MSX版。沙羅曼蛇なのに炎の惑星が無いという非常に悲しいアレンジをされています(炎の惑星はグラディウス2であるんで、まあこれもありかな、とも)。しかし、特筆すべきは、その恐ろしい難易度です。
コピーも「生きて帰れると思うなよ」なんて具合に相当態度が変わっていたように記憶しています。テレカ付きでしたっけね。また、真のエンディングを見るにはグラディウス2をスロット2に挿しておくこと、と極悪非道の名を欲しいままにしたシューティングであったと記憶しています。
まあ、当時はクリアできる見込みがないと判断したため、購入するに至りませんでしたが、どこでもセーブができるようになった、現在のMSXエミュレータ(i-revoもMSX PLAYerだと思うんですけど)ならクリアできるでしょう、と喜び勇んでダウンロードしてしまいました。

2面まで行って…それは過ちだと気付きました。難しい…。ゴーファーなんて目じゃないです。硬い敵までいたんですかね、こいつは…。硬い敵はコンパイルのシューティングのみかと思っていたんですけど。
取り合えず、2面で中断です…。恐ろしきかな、MSX版沙羅曼蛇…。

パワーアップ方式は、実際アーケードの沙羅曼蛇と全く違い、普通のグラディウス・シリーズに倣っています。結局はLIFE FORCEの方が近いんでしょうね。

|

2006.03.16

「蘇るPC-8801伝説」が来ましたよ

一部で先行販売された「蘇るPC-8801伝説」が届きました。8ビット機の覇者8801は、やはり伊達じゃありません。
同様の内容の9801、6001などより充実した内容になっています。

目玉はやっぱり、当時のPCゲーマーなら、ほぼお名前を存じ上げている内藤氏(当時T&E SOFT)、木屋氏(当時日本ファルコム)の対談ですね。内容も面白いので、一読をお勧めします。それにしても、当時の雑誌のメーカー訪問記事の記憶と比べると…やはり刻がかなり流れたのですね。

ゲームは収録されていませんが、他の同様のムックの中では、一番アダルト・ゲームの記事が重要視されています(笑)。念入りにコンプティークばり?に袋綴じされています。でも、中身より表紙の方がエロいですけど…。後ろのCD-ROMの方から確認を始めたので、相当どっきりしましたよ。

収録ゲームは結構ProjectEGGに既に収録されているものとかぶっているのがちょっと残念なところですが、余り購入していなければ、お買い得です。でも、新規収録のザ・ブラックオニキス&ザ・ファイアークリスタル狙いになるんでしょうけどね。

続きを読む "「蘇るPC-8801伝説」が来ましたよ"

|

2006.03.15

早速スペースマンボウ

i-revoでスペースマンボウを購入してみました。

なんで、これにしたかというと、コナミ唯一のMSX2以降用STGだったからです。
シューティングは苦手で、結局購入した覚えないんですけどね。

で、コナミMSXシューティングの中では一番簡単らしいんですけど…そうかな?
結構動きも速いし、パワーアップがかなりシンプル、とっつきやすいと言えばとっつきやすいですが、斜めスクロールが結構きついです。グラディウスのようなパワーアップを想像しながらやったもので、結構違和感ありますし。
スクロール、スムーズですね…。やっぱり凄いや、あの頃のコナミって。ただ、グラディウス・シリーズのようなパワーというものなのかどうかは分かりませんが、そういうものは感じないですね。無難にまとめられた秀作という感じです。

i-revo版はProjectEGGプラスと同様にどこでもセーブ機能があるので、クリアできましたけど…腕、痛いです。

値段設定をみると、MSX版のは、だいたい1050円ですけど、ファミコン版は1250円。スーパーファミコン版やPCエンジン版になると更にお値段上がってます(1750円)。

ただ、この値段では、お手軽に購入、というわけにもいかない様になってきましたね。廉価版に落ちたソフトもあるし、そちらとそれ程値段が変わらなくなってきています。この値段なら利益確保できるのでしょうけど、若干割高感ありますね。それでも購入してしまう自分のような方も多数いるのでしょうから…やっぱり今のゲーム業界ってピンチなように思えますね。新しいゲームの魅力が低くなった、ということになるのでしょうから、もしかして次のゲーム機戦争はRevolutionが優位に立つのでしょうか。PS3も遅れるらしいですし(Blue-ray陣営にとってはかなり嫌な展開だと思うんですけど)

|

2006.03.14

i-revoに要注目!

久しぶりにMSXでネタがありますよ。こんなに嬉しいことは無い…。

MSXメールマガジン#299が本日来ていたのですが(#298もつい先ごろ来ていました。マニュアルの協力は麻雀道場は実家にあったと思うんですが…確認する前に、どなたかが協力申し出られるかもしれませんね)、i-revoゲームというサイトがオープンしたそうです。

一瞬レンタルだけ?と思ったんですけど、購入も出来ます。ちょっと高いようですけど…。

レトロゲームの配信サイトなんですけど、ProjectEGGで提供されているものも含まれていたりで、段々とレトロゲーム配信について混沌としてきたような印象なんですけど…。

そんなことより、このi-revoゲームの注目すべき点は…。

コナミのMSXソフト

です!

続きを読む "i-revoに要注目!"

|

2006.02.28

ProjectEGG「ホテルウォーズ」

最近、ほぼ毎週追加されているProjectEGGのラインナップ。今週の追加は「ホテルウォーズ」というゲームでした。
X68000で発売された1989年のゲームということです。
メールの紹介文がまた面白そうで。

 1989年にボーステックから発売されたビジネスシミュレーション
  ゲームです。ヨーロッパを舞台に決められた期限の中でホテル経営に
  挑戦してください。
  5つの会社で競うようになっているので、人間4人+CPU1人まで
  プレイすることができるので、他社との駆け引きも面白みの1つです。
  あなたのホテルでヨーロッパ全土を掌握してください。

こんなのやりたい、って思ったので結構久しぶりに購入です。
さて、始めると…う〜ん…地味?
BGMも特に無いし、コマンドのレスポンスも良くないし。
コマンドキャンセル効かないし。
一ヶ月にコマンドは一度?
研修の効果は?
そもそもマネージャとシェフを雇うとどういう効果が?
株の売買、買収にからむのは分かりましたけど…総発行数が見えません…。
コンビニとかファミレスみたいなのや、箱庭とも違った陣取りゲームとも言えないものですね…。なんと表現すれば良いのか…。

それにしても、もう少し、テキストマニュアルどうにかして欲しいですね…。
ProjectEGGの近頃のラインナップは、MSXユーザにしてみると、かなり馴染みが薄いものばかりなので…。情報が無いんですよね。天舞もゲームとしてはどうかとも思うんですけど、グラフィックのみを見れば欲しいのですが…マニュアルがないとSLGって本当にルールが分からないので。
勝利条件ぐらい書いておいてよね、ってところですね。

ということで、明日は3月1日。vodafoneの携帯アプリは更新日なので、楽しみにしております。

|

2006.02.22

ΖガンダムのUSBメモリ

1stガンダムのMSをあしらったUSBメモリを出しているアイ・オー・データ機器からΖのUSBメモリが出るそうです。

モノアイが光る「Zガンダム」USBメモリ
アイ・オー、「機動戦士Zガンダム」のUSBメモリ

1stのよりは高級感があるでしょうか?アルミボディにMS(一つだけMA)がレリーフされています。
みんな容量は256MB。ケーブルでPCと接続するようで若干手軽さに欠けるようです。
4種類発売されます。その4種類は、

・Ζガンダム
・百式
・キュベレイ
・アッシマー

…Ζ、百式、キュベレイのセレクトは納得なのですが、何故アッシマー?確かに映画では大活躍でしたが、テレビ版では比較的地味なように思います。それに前の3機種に合わせるなら、やっぱりジ・Oではないかと…。
まあ、ジ・Oは他のMSに比べると顔が小さめであまり映えないですかね。でも、それならハンブラビとか…。
お約束ですが、百式だけ金色にしてもらっています。

発売は3月中旬らしいですが、PC Watchの記事では、映画の上映にあわせてΖと百式は先行販売されるようです。

あと、LEDがカメラアイにあしらわれているようで、光るようになっているようです。記事は「モノアイ」って書いていますけど、この中でモノアイってアッシマーだけじゃないですか…。
大体緑色のLEDになると思われますが、百式は赤の方がいいですかね…。キュベレイはあえていえば白なんですけど、高くなってしまいますね。

格好いいので、かなり欲しいですけど、ケーブル接続っていうのはちょっと面倒ですね…。

型番はTG256のあとに、それぞれMSZ-006、MSN-100、AMX-004、NRX-044です。

|

2006.02.04

PC88本

今年の3月15日に発売が決まった「蘇るPC-8801伝説 永久保存版」。
88は、購入できなかったのですけど、やっぱり当時の8ビットパソコンの主流です。

そういうものは、やっぱり資料として欲しいですね。

収録されるものは、ようやく、と言った感のある「ブラックオニキス」と「ファイアークリスタル」が既に発表されています(イロイッカイズツは順番書いていてもらいたいですね。88のカラーコードなんて知らないし)。

色々と有名な物が多いだけに、他にどんなものが収録されるのかは興味があります。

今のところ、Amusement Centerのみで予約受付中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)