2006.03.21

WBC優勝おめでとうございます

もう今日はこれしかないな、という気分ですね。
休日に放映となった準決勝と決勝については食い入るように見てしまいました。
本当におめでとうございます。

最初はそれ程盛り上がっていなかったんですけど、マスコミ報道にもあるように、誤審と韓国戦二連敗というのが注目していくきっかけだったでしょうか。準決勝、決勝は本当に見ごたえのある試合でした。

それにしても、韓国メディアは、本当に「妄言」という言葉が好きですね…。

|

2006.01.13

ミセリさん再び…

2005年ペナントレース序盤の話題といえば、読売ジャイアンツにストッパーとして期待されたダン・ミセリさん。
アンチ巨人のネタとして記憶に残る外国人助っ人ということは間違いないでしょう。
しかしながら、そういう選手も、本場に戻ってしまえば、日本で記事になることは本当にまれです。
しかし、ミセリさんは、昨年6月にロッキーズでメジャー昇格という話題のあと、年が変わって2006年になって再び記事となりました。

元巨人・ミセリはデビルレイズ−2年契約、総額150万ドルSANSPO.COM

ミセリは昨季、巨人で抑えを期待されたが、失敗続きで開幕間もない4月に解雇された。その後、ロッキーズに移り、1勝2敗、防御率5・89の成績を残した。

アメリカに戻ってからは日本での防御率23.63から5.89までになったのですね。凄い成績アップです。
アメリカの球場はそんなに広いんですかね。

この程度の防御率でも2年契約してもらえるとは…。この記事の書き方からするとマイナー契約とも思えませんのでさらに驚きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.29

優勝!優勝!

それにしても、中日は粘りますなぁ…。最後の最後まで負けないや。
まあ、勝って気持ちよく決めましょう。
1985年は引き分けで。2004年は負けを待って。
今年は勝ってすぐに胴上げを。

1点返されてしまったなぁ…。
センター前ヒット打たれて…。

あと、アウト一つなのに…。

2ストライクまでいったよ…。

レフト金本、ウイニングボールキャッチ!
願いかないましたね!


2年ぶりのセ・リーグ優勝。
20年ぶりの日本一はなるのかなぁ…。日本シリーズの相手がまだ決まっていませんが。

今年も藤本選手が遊ばれています。

優勝おめでとう、阪神タイガース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.26

とりあえず反対しておきます

阪神タイガースの長期ロードもようやく終了。一応勝ち越せた(終わってみれば一つだけか…)のですが、その間に読売ジャイアンツの監督問題が報道されていました。現阪神SDの星野さんに監督就任を要請する、という話です。
サンスポ、ZAKZAK、日刊スポーツ等々でどんどん話が進んでいっているような印象を受けます。
特にサンスポ、ZAKZAKなんかは早くから報道していますね。GMで、という話もあります。
読売が弱くて、テレビ中継も視聴率が下がってきて危機的状況、ということですけど…。

別に読売ファンで無ければ、視聴率なんてなんでもないような…。

というように考えます。全国ネットで必ず放送されるのが読売戦ですけど…応援している球団の放送があったら、読売戦をわざわざ観ませんよ。まあ、そういう問題ではないのですけどね。

で、この監督人事(まだ決定ではないですよ、勿論)について、読売ファンの方々はどう思っているんでしょうかねぇ…。
阪神ファンの立場からいうと「絶対反対」です。
確かに今の読売ジャイアンツは5位に”低迷”しています。
中日と横浜に大きく負け越して(中日に大きく負け越してくれているのは阪神ファンの立場から言うと迷惑千万ですけど(笑))。あまりの惨状をみていたら「ちょっとどうにかしたら」と思ってしまったこともあります。
これは2位にいるのに原監督が辞めた(辞めさせたんでしょうけど)のがおかしくなった原因に見えるんですけど。
あとは、他球団からとりまくったFA選手が若手の出場機会を減らしてるってのもあるんじゃないかと素人目には見えます。
それを外部招聘で解決しようとするのはちょっとおかしいのではないかと。

星野さんが監督をしてくれたおかげで、野村さんでも立て直せなかった阪神が強いチームに変わりました。
今の読売さんが、それをうちでも、って考えるというのは頭では分かります。

でも、反対です。
阪神が監督招聘したときも、前球団(ヤクルトと中日)を辞めてすぐだったので、あんまりその球団のファンの心情によろしくなかったでしょうけど…今季限りという報道の方が先だった筈です。今回は1年契約ですけど、続投が当然と思っているところにこの話。

また、ZAKZAKのこの記事のタイトルに同意します。
長嶋切望、星野より原「仙ちゃんは打倒巨人で輝く」

中日の頃から、「打倒巨人」だったわけですよね。それが読売の指揮をとるっていうのは…。
変なたとえですけど、織田の当主を武田が継ぐ、というようなもんですよ。敵の敵は味方という解釈もありますけど、セ・リーグでは東京の読売、大阪(本拠地は兵庫県なんですけど…)の阪神なんですよね。阪神ファンはアンチ読売多いと思いますし、どうしても東京への対抗意識を江戸の徳川、大坂の豊臣の頃からあるように心の奥底にあるように個人的には感じてます。
選手のトレードすらほとんどしないこの2つの球団間で、監督招聘人事は妙に感じます。

ということで、星野氏読売監督就任に反対しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

ミセリさん…

読売ジャイアンツにストッパーとして期待されながら、4試合の当番でアメリカに帰ってしまったミセリさん。一部でパセリと揶揄されてとんでもない成績(防御率23.63)を残し、解雇の後は浅草見物。その後どうしたのかは報道がほとんどありませんでしたが、いつの間にやらメジャー昇格。ついでに2/3回を零封とのことです。日本では、出れば打たれていたのにアメリカでは零封ですよ。日本ではやる気が出なかったんでしょうね(1億云千万貰ってやる気がない、もないですけど)。

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 【MLB】前巨人“守護神”D.ミセリ、8か月ぶりメジャー復帰で2/3回を零封.

それにしても、読売をクビになるまで色々と話題を提供してくれたものです。ZAKZAK
だけでこんなにたくさん(リンク先がいつまで残っているかは分かりませんが)。
この頃は楽天の勝敗ペースよりもこっちの展開が気になっていましたね。

引っ込めミセリ…1回5失点火だるま
ミセリ、早くもミキリ?今季限りでの現役引退明言
ミセリに“強力援軍”…家族来日も名誉回復は!?
出れば打たれるダメ魔神・ミセリを飼い殺せ
桑田はミセリの守護神…身ぶり手ぶりでアドバイス
ミセリにぐったり…40分間の3者会談に興奮
巨人・ミセリ、ついに解雇…相談役の桑田もビックリ
妻子に浅草“観”セリ…人力車に大ハシャギ

ダメ投手というか不良外国人選手ぶりを見せ付けて帰ってしまいました。その後は、忘れ去られる(勿論アンチの間にはエリック・ヒルマンさんやジェフ・マントさんのように鮮烈に揶揄の対象として記憶されるのですが)かと思いきや、スポーツ報知がその後を追っていたようです。

あのミセリがメジャー昇格

『あの』ってつけるぐらいですから、やはり読売関係、よほど腹を立てているのでしょうね。全く使えず、アメリカに帰ったと思ったらマイナー契約からメジャー昇格ですか。

もう一人の外国人選手、キャプラーさんも、アメリカに帰りたくて仕方が無いようですし、今年の読売さんの外国担当は何をしていたんでしょうかね。なんだか1軍契約を結んでしまって、更に状況を悪化させているようにも見えますが。
まあ、読売ファンではないので、その辺やきもきすることはありませんけど、なんだかなめられた契約をしているように見えますね。他の球団では、こういうトラブルが余り見られないので、読売さんだけの問題かと思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.02

楽天に決まってしまった…

東北の球団は楽天ゴールデンイーグルスとなりました。ひとまずおめでとうございます。
パ・リーグ6球団維持できるわけですが、なんだか喜べません。
この不快感は、やはり後に出てきたのにフランチャイズを同じ場所で申請したことにあるんだと思います。
別の地方での競争であれば、全然感じ方が違ったんでしょうけど…。
なんだか「近鉄バファローズ」が本当に消えたんだな、って思ってしまいます。
バファローズの名前がオリックスに残るとはいえ、これはやはりブルーウェーブにしか見えないんです。
楽天はなんだか近鉄バファローズというものから妙に遠く感じます。
近鉄が合併なんて妙な選択肢をとらず(チーム名のネーミングライツ売却を拒否したオーナー達が、あっさり合併を受け入れたことが一番気に食わないんですけど)、せめて買収されてくれていれば、ストもなかっただろうし、割り切れたとはとても言えない結末を迎えることは無かったのに。
企業体力の問題といっても…ダイエーだってホークスを買ったときは今のような状態になるとは想像もしなかったでしょうに、10年先までっていうのは理由として弱いと思うんですけどね。

…なんだかやっぱり判官贔屓になってしまうようです。

しかしながら決まったからには頑張ってもらいたいです。パ・リーグを盛り上げてくれれば、と思います。
ついでに、新しい考えで球界の改革もしてもらいたいものです。問題は山積みですから。オーナー会議で積極的に色々と提案していってくれればと思います。
(オーナー会議というシステムは正直変だと思いますけど。このシステムには幻滅してます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.26

カモにならないように

livedoorが参入できた場合の球団名が「仙台ライブドアフェニックス」に決定したそうです。
フェニックス、即ち不死鳥。「火の鳥」でも想像しておくのがいいですね。
一方の楽天は「東北楽天ゴールデンイーグルス」。ただし、ライブドアが「イーグルズ」で商標登録申請、サッカーのベガルタとキャラクタがかぶっているとかでもしかしたら変わってしまうかも(イーグルズを盾にとるっていうことはフェニックスに決まったんだったら止めて欲しいですね)。
よって、どちらが参入してもイメージキャラクタは「鳥」。鳥…焼き鳥…カモ扱いされないようなチームになって欲しいですね。

他にも鳥がチーム名になっているのは、日本ではスワローズ、ホークス。メジャーリーグではオリオールズ(oriole:コウライウグイス、アメリカムクドリモドキ)、カーディナルス(cardinal:ショウジョウコウカンチョウ)などもあります。ムクドリって強そうなイメージがないですね…速くも無いし(◎oriole、cardinalの意味は小学館プログレッシブ英和辞典(第三版)からです)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.17

ブログのカテゴリ他(プロ野球問題)

livedoor楽天の公開ヒアリングで問題になってしまったアダルト関係の取り扱い。昔からメディアの発達には少なからずこのコンテンツは存在するわけですが…。公開ヒアリングが終わってしばらく経っていますが、ちょっと考えてみたいと思いました。

ブログサービスを提供しているのは、livedoor、楽天の他にも、@nifty、Excite、Seesa、gooなど多々あります。各ブログのコーナーに行ってみると、「アダルト」への近道があるのは確かにlivedoorかな、という感じです。でも、これは堀江氏の言っているように「場の提供」であるわけです。作られる物を完全に規制はできないのは当たり前ですし(作られる前から内容は分からないのだし)、この点をついてくるのは「おかしい」という感じです。ついでに無修正画像云々ですけど、これはネットに繋がるのあればどんなところだって見つけてくることはできるでしょう。楽天もinfoseekをもっているわけですから検索環境を提供しているのです。年齢規制ができる、なんてことは逆に信じることができません。
雑誌でアダルト系のブログを紹介しているところだってあります。そうしたらその雑誌を発行している企業も駄目、ということになります。スポーツ新聞だってアダルトコーナーがあります。じゃあ、そのスポーツ新聞を発行している会社も駄目、としないといけなくなるのではないでしょうか。
この点について、マスコミ系の読売がつっこむのは更に不審をかきたてます。
今日のサンデーモーニングで江川紹子さんが「いじめ」という言葉を使っておられましたが、ヒアリングの内容を報道している物を見ている限りではその言葉に賛成です。

片側は「規制している」と言ったから信じてそれで終わり、「場の提供をしているが完全に規制できない」から延々と質問を繰り返す、というのはまさに「いじめ」に見えます。

とはいえ、アダルトソフトについては…どういえばいいのやら…。楽天市場の中のゲームコーナーには「ボーイズラブ」というジャンルがあったことだけは記しておきます(リンクにはなっていませんでした)。

公平というのなら、同じレベルで突っ込んで欲しかった、というのが正直な感想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)