2006.03.02

携帯版堀井雄二 三部作終了

ダウンロードした翌日である本日、『軽井沢誘拐案内』クリアしました。
やっぱり結構忘れていますね…。ネットで検索しましたよ…。
見たら、そうそう、って思い出す部分もあるんですけどね。
終盤のRPGシーンは、倒す順番覚えていなくて大変。昔はレベルアップのために反復戦闘したような覚えもあったような…気のせいでしょうか。

さて…。
やっぱり、「おださん」から梯子を貸してもらうための交換条件は変わっていますね。
「ゆうぼう」更に若くなりましたね。
RPGモードのあさみの特殊攻撃も違っていますし。

あとは、同じでしょう。記憶がそれなりに確かであれば、というところですが。

エニックスとログインソフトから発売された、この三部作はミステリAVGを広める一つの契機でしたね。この頃のPCはグラフィック能力がそんなに高くなかったし。でも、それでもセクシーなな「くみこ」や「あさみ」を表現していたんですものね。

ということで、ミステリAVGの有名どころで、コマンド選択方式のものはほぼ携帯で復刻されたのでしょうか。
ちょっと楽しみが減ってしまいましたね…。

|

2006.03.01

『軽井沢誘拐案内』vodafoneにも入りました

早いものでもう3月。月初めなので、vodafoneはアプリ更新日です。
レトロゲーマー的には表題の通り『軽井沢誘拐案内』は押さえておかないといけませんね。
なにしろ、スクウェア・エニックスさんにきたら、ドラクエ・FFを除くとなかなか復刻してくれませんから。
まあ、この勢いでライーザ、ジーザス、アンジェラスとお願いしたいものです。集英社とコラボってウイングマンというのも嬉しいですが…おそらく、当分の間は無理でしょうね。

他には太閤立志伝が入っています。ただ、これは売りきりではないので、月額制です。これは出世が楽しいゲームになっておりましたので、かなりの名作ですね。

あとは、新着には入っているのですが、追加されるのは3月15日になってしまった『機動戦士Ζガンダム ホット・スクランブル』が変り種でしょうか。ファミコンで発売されていたΖのゲームです。ファミコンミニでしたっけ、一応限定で復刻はされていた筈です。

実際ほとんど見たこともやったこともないのですが、結構派手に宣伝はやっていましたね。何しろ遠藤雅伸氏でしたから、ゼビウスに惹かれまくっていたゲーマーの注目を浴びるのは当然と…思われていたんでしょうね。
MSXユーザであった私は、特段気にすることも無く(MSXで出ないことには不満を持ってはいましたが)、聞いた話を記憶するのみです。その話とは…。

続きを読む "『軽井沢誘拐案内』vodafoneにも入りました"

|

2006.02.18

『女探偵雨宮由希〜猿ガ踊ル殺意〜』終了

先日からやり始めたvodafoneアプリ、『女探偵雨宮由希〜猿ガ踊ル殺意〜』終了。
章立ての構成で、結構やりやすい推理ゲームになっています。なかなかお勧め。
最初は、主人公の服装に引きましたけど…仮装パーティということなので納得。

PCから見ることのできるサイトは随分寂しいので、携帯から見た方がいいですね。
クリエイターズゲームでみれば寂しく無かったです。
E-TREK JAPAN

近頃は、藤堂龍之介シリーズとか、堀井雄二三部作(軽井沢誘拐案内は、まだ携帯ではやっていませんが)ばかりやっていました。これらは、発表年代的に携帯電話の無い頃のシナリオ(藤堂龍之介シリーズはそもそも大正時代なので、絶対に無理)。今回の雨宮由希は、神宮寺三郎シリーズみたいに、携帯を使って、更に写真を撮って、と現代的な捜査になりました。

舞台は某IT企業を足して2で割ったような会社が舞台ですね。社長の苗字などもね…。ちょっとタイムリー?事件が起こってから作った、というわけではなさそうですね。

基本的にやることをやらないと、話は進まないので、取りこぼしの心配はありません。
写真をとるのが結構重要なので(この辺りは堀井雄二三部作の影響?)すが、これを更にメールで送信すると…。古典推理小説しか読んでいないと失敗しそうです。

ちょっとした謎解き(暗号解読)があり、コマンド総当りで終わらないところがなかなか良いところです。
おそらく、シリーズ化でしょうか?

続きを読む "『女探偵雨宮由希〜猿ガ踊ル殺意〜』終了"

|

2006.02.15

vodafone版軽井沢誘拐案内はまだでした…

近日配信ということで、非常に楽しみにしていた軽井沢誘拐案内は、残念ながら今回の配信に入ってこなかったようです。まったくもって残念。情報を仕入れるときの方法が、昔と同じなのか非常に気になるのですが…。

あとは、終盤のRPGっぽいところ(RPGっていうには、戦闘とレベルアップぐらいしかない代物ですから…)も、少し簡単になっていると良いですね。結構レベルあげないといけなかったと思うし。

まあ、まだプレイできないものは仕方ないので、推理物の新作をダウンロードしてみました。
『女探偵雨宮由希』というもの。『横浜牧師館殺人事件』も興味あったんですけど、「サイコシリーズ」になっているので、ちょっと敬遠。

女探偵、というからどんなものでしょう、って思ってしまいますが、全くギャルゲーっぽさはない硬派なゲームのようです。ちょっと楽しみです。

レトロゲームの移植では、『がんばれゴエモンからくり道中』のvodafone版でした。他のキャリアでは既にあるので、目新しくは無いですね。

|

2006.02.02

携帯版『オホーツクに消ゆ』終了

やっぱり大体知っているせいか、ポートピア連続殺人事件よりは簡単に終了しました。
といっても、ファミコン版の移植なので、終盤は結構新鮮な感じ。やっぱり文字入力させるところは変更されていたんですね。
女性キャラクターの髪型が今風なのに、みんな携帯を持っていないので、少し違和感を感じたりもしました。

ファミコン版はべーしっ君の荒井清和さんの絵だったと思いますが、今回はポートピアと同じタイプの絵柄。ちょっと昔の絵でもやってみたかったような気も。音楽はどうなんでしょ。友達のところで一度ファミコン版を見せてもらった覚えはあるのですが、BGMまでは記憶に無いです…。
最後の逮捕シーンを見ていると、ドラクエの後に出ていたんですかね。

なんか、キャンペーンもやっているようです。
ケータイ公開捜査拡大キャンペーン
(ポートピアと同じく、新作扱いではないので「アドベンチャー」の「オホーツクに消ゆ」から)

さ、次は軽井沢ですね。近日ということなので、2月中旬の更新に入ってくるでしょうか。

#もう一つ、期待してダウンロードした『源平討魔伝』、やっぱり難しいですね。でも再現度は凄いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.31

更新日の前に…『亜鉛の匣舟』256K版

Vodafoneのゲームアプリの更新日は月初めと、中旬ぐらいなので、明日はその月初め。
一覧に反映されるのが結局その日となるのです。最近はみな合わせちゃったようで、その前に配信されていることが少なくなったようです。

ただし、新規登録でなければ、そうでもないようで…。
つい先日メガアプリ版が配信された『亜鉛の匣舟』、本日から256K版が配信されたようです。詳しくはこちら

06.01.21に書いた亜鉛の匣舟クリアにはトラックバックもコメントも頂けまして…(ぽやんのまるのぽやさん、3210chのウサさん)。
『瑠璃色の睡蓮』は256Kアプリになるまでにちょっと間があきましたが、今回はわずか半月で256Kアプリ化です。


さて、明日出てくる予定のもので個人的に期待しているのは、『北海道連鎖殺人オホーツクに消ゆ』(この三部作ってよくよく見ると観光地シリーズ?)と『源平討魔伝』。どちらもi-modeでは既に配信済みですね。
他には何が出てくるか、あんまり情報が出ていないような気がします。

それにしても、最近のアプリは凄い容量が大きくなっているのもあって(結局6MB超えとか)、結構怖いもの知らずでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.24

ポートピア終わり

『ポートピア連続殺人事件』終わりました。
攻略サイト探してですけど…。ファミコン版の移植ですね、やっぱり。

初めて、っていうのもありますが、コマンド選択におけるポイントの絞込みが結構絶妙というか…。
単にコツが分からなかった、というのもありますね。
(容疑者を「叩く」なんてねぇ…)

エンディングは結構あっさり。

それにしても、神戸が舞台なのに、あんまり関西弁が出てきませんね…。

タイトルにスライドショーがあるので、なんだろうと思ったら、『オホーツクに消ゆ』と『軽井沢誘拐案内』の予告編でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.21

亜鉛の匣舟クリア

i-modeでは提供されて2ヶ月経つ携帯オリジナルの『亜鉛の匣舟』、vodafone3Gでの提供後4日間のめりこんで、今朝終了です。

althi公式サイト

完全新作で、なおかつ次回ありますよ、ということも決まっているようで(キャンペーンもやってるんだから当然ですが)。
結構ボリュームあるんですよね。

今回の作品は、J.B.ハロルド・シリーズの『D.C.コレクション』に続く反戦シリーズでしょうか。『D.C.コレクション』は湾岸戦争が絡んだ内容でしたが、『亜鉛の匣舟』は時代背景から第一次世界大戦後です。科学信奉→兵器発展ということに対する問題喚起から、という話となっていますね。あんまり書くと犯人ばれますけど…。

続きを読む "亜鉛の匣舟クリア"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.01.19

ついにポートピアをプレイできるときが…

2006年1月18日は、2006年最初のvodafone用(ゲーム)アプリの配信日でした。
前回から間が空いたためか、結構数が出ています。

ところが、ちょっとファミ通のサイトを見ていると、気になる表題が。
ボーダフォンライブ!で『ポートピア連続殺人事件』が配信
今まで散々うらみつらみを書いてきたスクエニからのVアプリ。画面を見ると、i-modeで新版で出ていたものが移植されたようですね。これは早速観にいかねば。
(次回オススメにオホーツクがあったので妙だな、とは思っていたのですけど)

ところが…新着ゲームには無いですね…。どういうことでしょう?
記事には1月18日だし…間違いは無いはず。
ところがカテゴリ別でアドベンチャーをみてもメガアプリのところにはありません。

スクウェア・エニックスの携帯サイトを見ても、特に変わった様子は見受けられませんし…。
仕方が無いので、記事を信じてVアプリのポートピアを選択。
出ましたよ。3G専用なのに、なんでメガアプリの欄にも新作の欄にも無いのでしょう…。

オホーツクも軽井沢も遊んだのですけど、ポートピアだけやったことが無かったので、結構嬉しいです。
いきなり自白もさせられるんでしょうか?

それにしても、アプリアイコンがいかしてますね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.17

vodafoneでも明日から

今日はダージリン(ティーバッグですが)を飲みながら…。

我々は2ヶ月待ったのだ…と思ったよりは早かったのでしょうか。vodafone3Gにも、藤堂龍之介シリーズ第4弾『亜鉛の匣舟』が、明日2006年1月18日から提供されます(まあ、営業時間になってからでしょう)。
(フライングでないかな、と思って見たりしましたけど無いようですね…残念)

話は琥珀色以来の洋館物です。早速明日ダウンロードしたいものです。

という話の前に、もう3月には新作が出るそうですが(どうせi-modeが一番ですよね…)…なんか、ユーザの写真が男女一組だけ使用されるとか?
会員の写メールがキャラとして探偵ゲームに登場
2月3日までだそうです。なお、当選してから写真を送るんだそうです(写真で選ばれるわけではないということですね)。

ところで、J.B.ハロルドの新作は出ないのでしょうか…。

althi公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)